みずたまり

走りながら睡れ

徒然

週末は雪

鳥取地方気象台によりますと、またしても雪が積もるようです。ここのところ温かくなりつつあったので、割合がっかり。ただし、金曜日は読む会、土曜日は旧月歌会@京都と荒天のなかの外出はときめき。*『歌壇』3月号に永田さんの書斎の写真が載っていた(…

つづいている実存的学び

東北の震災から11ヶ月の本日。先輩であり研究者なかまであるFさんがわざわざ鳥取に来てくださる。コションドールで四時間くらい議論+珈琲+パン+ワイン。それから、カナイチヤへいってギネスなど飲む。信頼というのはとてもすてきなことである。感謝。

ながいながい

ビザールはほとうにすてきな店でございます。10時過ぎから合流。ひともおおい。しばらくいると、それからぞれかえったり、東京への夜行バスにのりにいったりなどあって、あれよあれよとひとがいなくなる。果たして、店主とふたりぼっち。いやあ。語りまし…

寒波

帰りに鳥取中央郵便局によった。8時過ぎ。車を降りると路は凍結してつるんつるんになっていた。信号をわたるひとも、おーとっと、という感じである。降雪はないのだかれど、どう考えても明日は早起き出勤である。アイロン掛け三枚おわりまして、寝ます。

雪の朝

結局今朝は5時に起き、家を6時ちょっと過ぎに出て、車の雪を落として、6時15分くらいに出発。積雪は20センチほどであったので、幹線道路の積雪は実際にはほとんどなかった。だが、雪の降り方が激しくて、視界が相当に悪かった。倉吉についたのは7時…

あっというまに

夕方仕事を終えて出ると、物凄い勢いで雪が降っている。車にも積もりつつあった。こういう荒天の夜といえば、飲みに出たくなるところ。おお!ビザール!だが、明日は倉吉。早起きが必要であるゆえ家にいることにしている。いまのところ。とほほ。

あれから

朝5時46分に黙祷。あれから17年。

小谷奈央「ゆうやけの水」

今月号の「歌壇」が来た。開いてみると、みずたまりあんの小谷奈央さんの「ゆうやけの水」が歌壇賞次席となっていた。道浦さんや東直子さんがとても好意的でよんでいてうれしくなる。仲間の作品が認められるというのは、思いのほかうれしいものである。とい…

ルイ・アラゴン~ストラスブール大学の歌~

センター試験の本日。鳥取は雪の予報であったが、朝、雪は降らなかった。雪が降る/降らないは、受験生にとってずいぶんとちがう。降らなくてよかた。昼のニュースを見ていたら、東北地方の受験生へインタビューをしているのが流れていた。センター試験をう…

イーモバ

キャンペーンをやっているということで、イーモバのアウトレットでD25HWに1万円ぶんのチャージがついて1万円というのを申し込んだのが年末。本日本体が届いて設定した。D25HWは型落ちみたいなもので、ひと世代前のという感じ。通信速度もそれほどはやくは…

ゆきのあした

昨日から気温がぐんと下がっている(とおもう=体感)。それでもって暗い。昨日は少しの積雪とそれから氷があった。今朝は5~10センチくらいつもっていた。冬の朝は、本能としては、すこしでもながく布団にくるまっていたいのに、雪の朝の状況としては、…

歓びにあふれる

新しい年になりました。2011年。最後に飲んだのは、ビザールオールスターズとの宴。銘柄忘れたけれど赤ワイン。そして、2012年の飲み初めは、辨天娘の太田酒造「槽搾り」荒走り。今年が歓びにあふれる年になりますように。

プレミアムモルツとgreat dane pub と箕面ビール

この間幸運にもボーナスをいただいた。いただいたことはまことにありがたいことである。ただ、それが自由に使えるということでもないのがかなしい。今月はあれこれおとしますよぉという督促というか注意の葉書や封書がいくつか届いている。おーこわ。ってな…

左後肢

もう12月である。本日は12月12日。♪腕を振って、脚を上げて、ワンツー・ワンツー、休まないで歩け♪ などを思いついてしまうのは、もうそうとうおやじ度数があがっている証拠だ。*いつごろからか。すくなくともぼくが物心ついたころ(只今現在も物心修…

持続可能

レイソルの優勝でおわりました今シーズンのJリーグ。レイソルといえばカレカ(カレッカともいっていた)がやってきてJにあがったということを思い出します。ぼくは、やっぱり西野監督がガンバを去ることがなんとも惜しいと感じるわけです。オシムが代表の監…

秋の名残

米子からの帰り道、ちょっとかわった雲であった。こういう雲は秋雲に属するような気がする。たしかに今日はすこしあたたかであった。*9月に亡くした友人の墓参にまだいっていない。どうしてかまだ行けないでいる。*秋の名残とは関係はないのだが、先日ど…

六角堂

二週連続の京都日帰りの旅。本日の会議室は地下鉄四条駅から歩いて5分くらいのところ。なかなか便利の良いところ。初めて利用するところなので、きょろきょろしてしまう。窓にあやしき建物あり。はて。とおもっていると、「六角堂」であると教えてくださる…

川上弘美さん@ビザール

風呂上がり、ビザーに川上弘美さんが来店なさっているという情報が届く。で、ミーハーのごとく、件のビザールへ。果たして、コンバースのオールスターの黒を履いた川上弘美さんが、野の花病院関係の方々といらっしゃる。ほほーってなものである。

ふたりでのむ

さかのぼろうと思えば高校の先輩である。重なったことはないけれど。いっしょに働いたこともあった。そういうひとは鳥取にいれば何人もいるわけではあるが。そういうひとのなかで、ふたりで飲みましょうかといっておやじふたりで飲むというひとはそうそうい…

聴きながら

研修でイサム・ノグチの母の物語である「レオニー」を観るために午後は倉吉未来中心へ。朝はそれほどでもなかったが、昼にはもう快晴。日本海はなかなかの荒れ具合。走りながら先日なんとなく、500円くらいで買ったシビル・シェパードの「At home with Cy…

ルーター復活する

新しい(といっても前にかっていたのだからさほどあたらしくもない)ルーターはプラネックス社のMZK-WNH-BKというのである。コスト削減によるためか、設定マニュアルもガイダンスCDでやってくらはい、というような無愛想なものである。それは仕方ない。なぜ…

ルーター壊れる

日付がかわってしまったので一昨日。家に帰ると、iPhoneもMacもWiFiをキャッチしない。あれ~。可笑しいと思ってルーターをみてみると、ランプが消えている。いろいろやってみるがどうもだめである。ネット生活ダウン。ひえー。っていってると職場の同僚がWi…

iOS5.0.1

iOS5.0.1にアップグレイドしました。バッテリー問題が解消されたようです。ありがたいことです。

iPhone4Sになりました

今月11日に乗り換えの予約をしていたiPhone4Sが来ましたという電話が突然かかってきた。ちょうどお昼休憩が終わる頃であった。混雑が予想されるので午後5時過ぎに来ていただけませんか?と、言う。5時半なら一度職場を離れてまた復帰すればいいので行け…

ひさしぶりに

totoビッグがひさしぶりにあたった。といっても5等1770円である。今週はあたりそうな雰囲気のくじであったのだ。横浜が(浦和に)勝って、ガイナーレ鳥取が負けていたら、10万ちかくになっていたはずだ。ノンノンノ~ン。あくまで6億!

iOS5とiPhoneのアプリ

予約が遅かったのでまだiPhone4Sにはなっていないのだが、それに備えてiOS5にしておいた方がいいのかとおもい、夕刻になってiOS5へ。いろいろいいこともおおそうなのだが、とりあえず、Facebookのアプリはまったくもって使えないことになってしまった。日本…

ATOK2011forMac

いまなら10%オフというメイルがきたので、AAA版(いわゆるアップグレイド版)をダウンロードした。約4200円。いまのところは違いがわかるほどでもない。使っていくうちによさを体感できるといいな。ちなみにiOS5はまだ更新していない。こちらはも…

第1回東北をおもいつづける会@ビザール

東日本大震災からもうすぐ7ヶ月。朝夕の鳥取はずいぶんと冷えてきた。東北のみなさんも朝夕は寒くなっていることだろう。*ずっと計画していた宴。集った仲間は17名。みんなみんなずっと東北のことをおもっている。いやおもいつづけようというそういう会…

84億円

どうにもこうにも。toto Bigがあたらない。当たっていないのはぼくだけではないというのはまったくもってなんの慰めにもならない。だが、キャリーオーバーが84億円なのである。6億が一回で14本あたったとしても大丈夫なのである。いいかげん、ぼくに当…

ずっとありつづける

消化できないものがあるというのはなんとなくいやなものである。実際ぼくは悩みなど持ちつづけるのに長けているほうではない。でもだからといって、じぶんのなかにずっとのこっていて、消えにくいものを、流し去ることも気分のよいものではないだろう。近く…

台風と独歩

若い頃は、いやついこの前まで、荒天の夜はほぼ間違いなく飲みに出ていた。大雪、低温による凍結、台風、大風、などなど。そうでない夜でも飲みに行きたくなるのに、そういう日はどうしても出ずにはいられなかった。だが、今夜は台風の夜だというのに家にい…

海は秋

ベランダのノーリアンズブラックはいままた物凄い勢いで繁茂している。ところが、ここ最近、その繁茂に反して花がまったく咲かない。なぜなのか。*今日の仕事は倉吉。もちろんいつも通り、旧9号線の海沿いを行く。道の上は曇り空なのに、海の方は陽が射し…

こおろぎ

こおろぎが鳴いている。もう秋がそこに来ているのだろう。*塔全国大会in長野は、ほんとにみなさんにおせわになって、すばらしい大会となった。感謝するばかりである。塔にとって長野はやはりゆかりというか源泉というか、そういうところなのだろうと思った…

おじさんと蟬

昨夜11時くらいになって、ビザールへ行く気になって6階にあるわが家のドアを出た。鍵をかけて、あれ!廊下に寝ている人がいる。廊下というのは室内ではなくて、エレベーター付近の廊下だ。近寄ってみると寝ているおじさんは相当にアルコールくさく、大音…

レトロ

一週間の出張。ちょっとレトロな感じのエレベーターや机や椅子やシャワーのあるところでの生活。これはこれでなかなかすてきなのである。

湖面にひとり

山の中のダム湖でカヌーを漕ぐという仕事だった。今日の鳥取はそれほどの日ざしもなく、湖面の風はさわやか。カヌーはひと漕ぎすると、すーっと進む。じぶんだけの力で湖面をすすむ新鮮さを感じながら、分岐から緑が濃く茂っている方へ進路をとる。漕ぎなが…

美しい朝焼けにこぼれおちる砂

1時くらいから3時まで仮眠をとって、BS1でサッカーワールドカップの決勝を見る。アメリカはとてもつよくて、日本はたいへんな困難であった。0対0というスコアで終わった前半は結果としては0対0。いくつかのことがちがっていれば、もっと得点をとられ…

砂と波と

午前は砂丘、午後は岩美の城原海岸から鴨ヶ磯まで散策という仕事。砂丘は砂丘であり、また城原のうつくしい砂や、鴨ヶ磯の砂粒のいろいろなど砂を考えて感じて歩いた。それだけだった。

飲むことも、食べることも、読むことも

午後は仕事で岩美へ行く。岩美といっても海側ではなくてどちらかと言えば山間の岩井温泉の近くであった。運転しながらひさしぶりに「朝起きてから夜寝るまで」の英語を聴いた。これにでてくる、つぶやき表現などはほんとにおもしろい。*岩美で仕事を終えて…

遠い砂と美しい海

昨日はなんだかなんだかなんだかなぁという気分。それで、もう帰っちゃおうという感じで夕方、いつもより少し早く職場を出た。それから、砂丘の有島の歌碑がある方へ、いつもこういうときに行くように行く。砂も海も美しい。それから、砂丘の表というか一般…

ながいながい

長野から順調すぎるぐらい順調に、はやばやに東京にたどり着く。とはいえ、羽田ー鳥取便は、15時50分発の次は、19時35分発の最終便。無理すれば15時50分でも可能だったかもしれないが、早割の時点で最終便にしていた。都内をぶらぶらとしようか…

美しい砂

郵便局へいって、「エクスパックください」と言ったら、「レターパックですね。350円と500円があります」と言われた。知らない間に、扱いがかわっていたのだった。*昨日、鳥取県立武道館の会議室で一日仕事をした同僚が、剣道をしたわけでもないのに…

2ヶ月

3月11日からもう2ヶ月たった。いや、まだというべきなのかもしれない。今日現在のところ、死者14981人、行方不明9853名。鳥取は一日、はげしい雨が降っていた。

ほどとおし

母の日である。いつも不義理ばかりをしている母へちょっとしたものを贈る。母はいつも健やかである。ありがたい。*塔の11月号がどうしても見当たらず、といっても蔵書の整理もできていないのだが、近所にすむトロントさんに借りて、作業をすすめる。それ…

ひなげし

仕事を終えて、すこし寄り道をしたのち、いつもは通らない道を行く。信号でとまったときにふとみると、少し先にオレンジ色のヒナゲシがブロック塀のそばにひとつ、風にゆれていた。

ふくしま~鳥取人~

朝日新聞の鳥取版に週一度ちょっとしたコラムのような連載コーナーがある。昨年度は一年間、「てっぱん」で主演をつとめていた瀧本美織さんであった。本年度、4月から蓮佛美沙子さんである。どちらも鳥取市出身の女優さん。テレビや雑誌やなにかでおふたり…

ベーコンのあとに

先週の週末のこと。予定が二転三転して、それで、ビザールへ8時すぎから。そうだ。土曜日だった。それまで、ほぼ貸し切りというぼくにはありがたい、ビザールにはありがたくない状況であった。それで、まあ、ビールからそうとううまいものすごい日本酒へい…

サントリー

いつのころからか、サントリーがつくるビールを好きになった。モルツやプレミアムモルツ。ウィスキーにも惹かれるようになった。山崎。水を買うときもサントリーの水を買うようになった。奥大山の水。ダイニングにあるテーブルも椅子もサントリーの山崎をつ…

たまさか

「月刊みずたまり」の今月号が届いていた。あけると、「Never let me go」ばかりを集めたコンピCDが入っていた。ありがとう!編集長井上さん!今月の月刊みずたまりに「Never let me go」を詠んだ歌をいれていたのだった。そういえば。 と。風呂上がり、今…

砂の

明日の切符を買いにJR鳥取駅へいくと、駅前にテントが出現していて、その中で砂像がつくられていた。途中であるし、暗いし、なんであるかわからないが、ヨーロッパの街のような感じである。