みずたまり

走りながら睡れ

鳥取

尾崎翠の歌

吹くな風こころ因幡(いなば)にかへる夜は山川とほき母おもふ夜は 尾崎翠/稲垣眞美編『迷へる魂』筑摩書房2004 たまには短歌のことも書こうじゃないか。 というほどでもないのだが。鳥取では書家の柴山抱海(しばやまほうかい)さんが中心になって尾崎放哉…