みずたまり

走りながら睡れ

BULLS@United Center

Chicago BULLS!!ついにこのときがやってきた。夕方5時32分のユナイテッド・センター行きのバスに乗るためホテルの外にでた。風がつよく、この3日のなかでは一番寒い。ダウンタウンからユナイテッド・センターへはブルズやブラックホークス(ホッケー)のゲームがある日は試合開始の2時間前くらいから20分に一本くらいの臨時バスが出ている。バス停はミシガンavスペリオルst。19番というバスに乗るためやや早めに行って待った。シカゴでバスに乗るのははじめてなので妙に緊張する。そして19番が来た!とおもったらすーっと行ってしまった。どうやら、一歩踏み出したり手を挙げないとこちらのバスは通過してしまうようだ。なんということ。でも、7時30分の開始までまだ時間はあると言い聞かせるも、次のバスが来ない!ラッシュで渋滞しているためか。6時10分になってようやく乗車$1.75を払う。それから数カ所かで何人かがバスに乗ってきたが、乗車率は高くない。30分ほどでユナイテッド・センターに着く。バスは1番ゲート付近に着いた。それから裏側に回ると、人の群れのなかにジョーダンの像を発見!はぁ~。これです!あこがれていた場所へやってきたのだなぁ。何とも言えない気持ち。6番ゲート入り口でセキュリティ・チェックを受けて入場。チケット係の方が、カレンダーを渡してくれ「楽しんで!」と言ってくれる。ブルースの生バンドが廊下では演奏している。フードのブースもたくさんある。興奮したままそのあたりをまずは散策。グッズ・ショップではユニフォームをはじめありとあらゆるものを売っている。それからハンバーガーとビールを購入。ビールを買うにはIDが必要であった。3階の席に着くとこれまた感激。スタジアムの天井にはこれまでの優勝フラッグと永久欠番(もちろん23も!)がかかっている。開始2分前にはブルズの過去のフラッシュバックがあり、ジョーダン、ピペン、パクソン、グラント、カートライトそしてフィル・ジャクソンの黄金期も流れる。ただただ感激。選手紹介も例の様子!場内が真っ暗になり、あの音楽が流れてきて、天井からつり下げられているマルチスクリーンにはこれまた例のアニメCG。で、「and Now your CHICAGO BULLS!!」ではじまるアナウンス!鳥肌もの。ひたすら感激感激感激。試合そのものはミスの多いものだったが、4Qに接戦となり残り4秒でブルズが逆転勝ちをおさめた。帰りのバスも順調に乗ることができ、シカゴの最後の夜は大満足大満喫であった。