読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたまり

走りながら睡れ

NHK全国短歌大会

ウィスコンシン
victor allen'sコ ンバース家での楽しい生活も本日を含めてあと2日。ランディとキャシーがどこかへ連れて行こうか?と行ってくれたが、断った。ぼくは、やっぱり普通通りの生活を最後ま でやりたいと言った。ランディはそうだなぁって大きく頷いてくれた。昼前からいつものカフェVictor Allen'sに来ている。ここはこちらではわりとどこにでもあるチェーンのようである。でも、ネットもフリーだし、落ち着いたクラシックが流れている し、しずかだから気に入っている。MWHSではちょくちょくヘッギー先生がsteep&brewにつれて行ってくれた。こちらは珈琲がもっと 美味しくて、落ち着けるウィスコンシンローカルのチェーンらしい。すぐ隣にスタバがあるけど、ぼくたちはスタバには一度も行かなかった。ローカルを大事に するというきわめてポリティカルな理由によるところである。がしかし、victor allen'sはローカルではないからちょっとだけ心苦しくもある。本日はここで既に2時間半過ごしている。つれあいとチャット(スカイプは会話もチャッ トもできる)していて、NHK全国短歌大会の入選の内定が来ていることがわかった。雪が舞うマイナス9℃のマディソンのモンローストリートのこの店でこの 報せをうけたことがなんだかとても不思議だ。多分こんな歌だった。「街道のシグナルがふっと闇をうみ傭兵の死体は運び去られる」。みずたまりのみなさん、 さんたんけんのみなさんに感謝。