読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたまり

走りながら睡れ

reflection

ウィスコンシン
はやい。本当にあっという間に時が過ぎていく。ウィスコンシンでのプログラムもおわりが近い。約3ヶ月にわたって、お世話になったプログラムの反省評価を 行った。このプログラムでは多くの人と出会った。DPIの国際教育のヘッドであるマデリンさんとコーディネーターのパムさんには本当にお世話になった。感 謝の気持ちでいっぱいである。午後は、お別れ会の準備。夜は、キャピトルそばのブリュワリーへ今夜も飲みに行った。ウィスコンシンの美味しいビールともお 別れの時が近い。