読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたまり

走りながら睡れ

DC→デトロイト→LA

リトル東京からの夜景7時30分にジョージタウンのホテルを出発してロナルド・レーガン空港へ。飛行機はずっとノースウエストを使っている。ノースのハブ空港デトロイトなの で、デトロイトで乗り換えてLAへ行くというわけである。レーガン空港は短距離の国内線専門の空港だということでちょっと小さめ。でも、ホワイトハウスか ら近いのでセキュリティチェックはそうとう厳しめ。予定通り9時41分発の飛行機に乗り込んだが、なぜだか飛び立たない。着地点のデトロイトの状態がよく ないようだ。45分ほど遅れて出発。到着は当初の予定より1時間ほど遅れてしまった。予定の便は本来なら飛び立っている時間だが、ぼくたちともう一つの飛 行機の遅れを考慮して12時50分発となっていた。ラッキー。無事に乗り込んで…。いっこうに飛び立たない。デトロイトは雪と風で状態がよくないからだろ う。滑走路の雪かきなどが必死で行われていた。飛行機に乗り込んで約2時間半。ようやく出発。3時間の時差があるLAへついたのはLA時間の7時40分く らい。疲れたぁ。ホテルは、ニューオータニ。リトル東京を少し歩いてしゃぶしゃぶやさんで夕食。大盛況(大将いわく日本人は待つのがきらい、待つことがで きるほかのアジア人と土日はアメリカ人でいっぱいだとのこと)。大将はとてもいい人で、あれこれ話しかけてくれて気遣いをしてくれた。ここの夜のメニュー はうどんと野菜と新米のご飯にお肉が12枚のshabushabu-A=$12.99、15枚のshabushabu-B=$14.99の2つだけ。ぼく はBをいただく。大将がごまだれの美味しい食べ方を伝授してくれた。食後にはサービスでネルドリップしているというアイスコーヒーをサービスしていただい た。ありがたやぁ。大将のあたたかさも加えてほんとうに疲れがふっとぶ夕食となった。ごちそうさま。そうそう。書き忘れ。ウィスコンシンは異常な寒さ。ワ シントンDCは鳥取なみの寒さ。ここLAは初秋の鳥取の気候という感じ。長袖Tシャツで夜もOK。