みずたまり

走りながら睡れ

さんたんけん歌会2006夏詠草集届く

沢田さんから「さんたんけん歌会2006夏」の詠草集が届いた。締切ぎりぎりで投函したぼくの歌は13の歌のなかで一番最後ではなかった。ぼくより遅い方がいらしたのだろうか。今回は既に誰の作品なのかを表にした記名で作品が届いた。沢田さんの便りには「全13首についてそれぞれ批評をまとめておいてください」とある。こういう歌会のやり方もあるのだなぁ。短歌の世界はやはり奥深い。14日が楽しみである。ところで、GWといえども毎日出勤していたぼくにとって本日は丸一日お休み!ということで、午前中は睡眠、午後はごそごそ。ごそごそしていたら「京丹後市小町ろまん全国短歌大会」の要項を発見。伊香保につづくNHKからの便りが来てからずいぶん経つなぁ。5月29日が締切とある。がんばってみるかなぁ!