みずたまり

走りながら睡れ

『青い猫』&『Darts』

いろいろあって焦ってきている。まずいなぁ。という時に、救いの神のごとく川本千栄さんが『青い猫』とぼくがもっていない『Darts』を送ってきてくださった。ありがとうございます。ありがたい。ありがたい。ぱらぱらめくりだしたらとまらない『青い猫』。「塔」誌上で既に論じられていた文章を読んで印象に残っていた歌はやはりすごくいい。歌集を論じるにはまずよい歌を拾い上げる目がないといけない。塔の論者はすごいなぁと感心しつつ、でも、そこで語られている歌集『青い猫』や作者である川本さん像はなんだかステレオタイプのような気がしないでもない。対象との距離感や鋭さやひっかかりに特徴があるし輝きがあるのはそうであることはそうなのだが。歌集を論じることは難しい。難しい。読者が作品を作者を歌集を立ち上がらせるということは、まさに作者が歌集で論じられるように歌集を論じる当の読者がそこにさらけ出される。読書行為をいかにスリリングにチャレンジングに為すのか。そこに、短歌的知識や短歌的批評語句は必要なのだろうか。