みずたまり

走りながら睡れ

新しい年

初日の出2007 白みそのお雑煮とおせち料理で朝食をとり、あたらしい1年のスタート。窓越しに見る稜線のあたりは赤く色づき、初日の出が見えそうな予感だったのだが、実際には雲で見えなかった。つれあいは平常勤務。それから少しして光が差してきた。少し遅めの初日の出。
 ぼくは、読書と睡眠を繰り返す。昼前に年賀状のチェック。昨年はばらばらといつまでも届いた。今年の初日もあんまり多くは届いてない。みんな年末は忙しいのだろう。28日夜に投函したぼくの年賀状は本日ちゃんと届いたのだろうか、など思う。
 2007年。すべての人々が歓びにあふれる世界へ近づく年になりますように。