みずたまり

走りながら睡れ

桜島大根を食す

桜島大根嘗て我が家のベランダ栽培であえなく頓挫した桜島大根。そもそもは塔とっとり歌会の時にいただいた種いくつかであった。そのいくつかのうちのいくつか(せこい)を同僚のHさんに託していた。そして、それは順調に生育し昨日収穫、本日食することになった。はじめて見る桜島大根。wikipediaなどによると大きいものは直径50㌢くらいになるとのこと。Hさんのは直径30㌢くらい。それでもかなり大きい。バレーボールをひとまわり大きくしたくらい。ざっくり切ってかけらを生で食べてみると、なんとなんと思いのほか甘くておいしいではないか。大根の辛さが全くなく、みずみずしさとさわやかさが口中に広がる。これはいい!と4分の1はスティックサラダにし、残りは鰤大根。これまたおいしかった。栽培から調理まですべてHさんにお世話になりっぱなしで本日の初桜島大根体験は幕を閉じた。