みずたまり

走りながら睡れ

迷走

いまのぼくの車は1997年産。この車を3年落ちくらいで購入したのは8年前くらい。今度の9月が車検。燃費も部品も車検もすべての面でコストがなぁという悩みゆえ、手放そうと思っている。次の10年は国産のコストパフォーマンスがよい車に乗ろうと決めた。だが、車種もメーカーもはっきりと決まっていない。で、本日同級生が課長代理をつとめている日産のディーラーへいった。今の車を見積もってもらったら10万円ほどだと。やっぱりかぁ。覚悟はしていたけれど残念。と、同時にもうこの車にお金は掛けられない=車検は通さないと強く決断できた。課長代理はとてもいいやつだからいろいろ試乗させてくれた。まず、スカイライン350GT。座った瞬間のホールド感でこれはもうまちがいないと思った。加速がいいのは当たり前。いいなぁと思ったのは足回り。かなりのスピードでコーナーに入っていっても安心安心。ブレーキもすごい!しかしこれは金額的に断念。次はCUBE。いま乗っている車からのギャップはデザインもコンセプトも大転換。なるほど。こういう車が売れるんだなぁと思いつつもこれに200万円+αを払う気にはなれないなぁ、ぼくは。試乗を終えてドアをしめるとパーンと軽い音。あああ、ぼくとは縁のない車になってしまった。コンセプトは結構気に入っていたのになぁ。と、迷走していると、展示車のX-Trailが目に入った。試乗はしてないがドアを開けて乗ってみるとなかなかいい。8月にモデルチェンジするらしく、現行モデルを比較的安く買えるチャンスでもあり、新しいモデルにはやばやと乗るチャンスでもあると課長代行。SUV系なんてまったく考えていかったのに、ちょっと気持ちが動いてしまった。