みずたまり

走りながら睡れ

霜月

てっとうそろそろ冬である。霜月。なんでもないことや、かんけいないことで、ささくれだつべからず。やあ。なんだよ。ここにいたのか。