みずたまり

走りながら睡れ

あめふり

あめ倉吉からの帰りはどしゃぶりであった。暗いというのもあるのだが、前が見えないくらいじゃーじゃーふる。対向車線の車がびしゃーっと路面の水をこちらへ飛ばしてくる。それもはっきり見えないから大きな猫がびよーんと飛んできているようで、ひやりんとした。