読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたまり

走りながら睡れ

台風と独歩

徒然
独歩若い頃は、いやついこの前まで、荒天の夜はほぼ間違いなく飲みに出ていた。大雪、低温による凍結、台風、大風、などなど。そうでない夜でも飲みに行きたくなるのに、そういう日はどうしても出ずにはいられなかった。だが、今夜は台風の夜だというのに家にいる。

今夜は家に居て、いただきものの独歩を飲んでいる。いろいろな種類をいただいて、たのしく味わっている。今夜はシュバルツ。この前デュンケルをいただいたときはその甘みになかなかの技をおもったのであるが、このシュバルツも日本の多くの黒ビールの後味に広がらなさを覚えるのとはちょいとちがっている。侮れない味である。

鳥取はずっと雨が降り続いている。よくここまで続くというくらい止まない。 佐太郎!ちっくしょうーである。(ほぼやつあたり)。