みずたまり

走りながら睡れ

あご

鳥取には竹輪の国でもある。いまはいろいろなちくわが開発されているのだけれど、幼いときから慣れ親しんでいるのは、白身魚と豆腐をまぜた「豆腐ぢくわ」と「あご」(トビウオ)をつかった「あごぢくわ」だ。一年中たべることができて、とてもすきである。

ところで、本日、急に「あごぢくわ」をたべたくなって、帰りに「ちむら」の豆腐竹輪やさんによった。すると!である。「旬のあごぢくわ」なるものがあった。まざりものなし!無添加!と。一本630円也。ちょっとたべてみたかったが、口がしっぱいをゆるさぬふつうのあごぢくわをほっしていたので伝統的なあごぢくわを買って帰った。