みずたまり

走りながら睡れ

富山

富山しらぬまに11月である。このブログも一日5名ほどの訪問になってしまっている。廃屋のようなものだ。もうしわけない。

先月末、学会で富山市へ行った。鳥取から富山へは特急スーパーはくと+特急サンダーバード=6時間という感じ。iTunesでレンタルしていたビデオを2本見てもまだ2時間眠れるという具合である。東南アジアへのフライトくらいである。ま、そんな旅もなかなかよいもの。

富山では、日本酒がやはり印象深い。ホテルのそばを散策していていたらDOBU6というすてきなお店を発見し、そこがまたこれ以上無いくらいすばらしい店主と酒と肴。富山の底力を満喫した。