みずたまり

走りながら睡れ

ウィスコンシンに到着!

ウィスコンシンの湖と部屋ウィスコンシンに到着。それにしても、つかれたぁ。本当に。成田発のミネアポリス行きの搭乗チェックインする前の荷物検査。ランダムのチェックにあたってしまい、スーツケースとリュック、はては財布の中身まですべてひとつずつとりだして確認される。アメリカ行きは本当にセキュリティにうるさくなっている。ノースウエストのミネアポリス行きは超満員。座席が一番後ろだったので12時間の機内でもトイレに行ったり、立ち上がって体を動かしたりしやすい環境。ただ、映画はまったくダメ。というのも、JALなどとちがってひとりに一画面ということではなく、真ん中にどーんとスクリーンが設置されているだけ。一番後ろの席だったのでまったく見る気にならないのは当たりまえ。まぁそれでも何とか耐えて、ミネアポリスで入国検査。これがもうまた大変!ねほりはほり質問攻め。でもって、指紋と瞳。ただこれでも、ずいぶん早いほうだということ。アメリカは戦争中なのだミネアポリスからマディソンは約50分。到着するとコーディネーターのマデリンさんとパムさんの出迎え。なんとあたたかい。さっそくバスにてホテルへ。道中見える町並みは、これはこれは落ち着いていてすてきな印象。それから湖にすこし立ち寄って午後5時30分ホテルチェックイン。その直後の説明によると、ぼくたちの泊まるのはVIPフロアー。ネットも無線LAN無料使い放題。やったぁ!それからとりあえずメンバー全員とコーディネーターの方々とホテル前の韓国料理屋で夕食。明日は朝からウィスコンシン大学のESLのクラス。
 そうそう。さかのぼて、9月21日のこと。鳥取空港にぼくの両親とつれあいの両親、いのさん、こばちゃん夫妻、つれあいが見送りに来てくれた。ありがたいことだ。うれしかった。感謝。