みずたまり

走りながら睡れ

ホストファミリー

ホストファミリーへ朝ビーコンリゾートを出る。バスにて13人がバラバラになる。午前9時に出発して13時30分にsouthern door高校につくよていであった。が、なんということか12時30分に到着。ホストであり、この学校の数学教員であるジョージが迎えに来てくれた。ただし、まだ授業があるということで、授業をみたり、うろついたりして6~8限の授業をすごした。彼は、クラシック?カーが趣味。ぼくにはさっぱりわからないが、見るからに古そうなマーキュリーコメット1974という車であった。家にはあと4台あるということだ。家に向かう、途中からビーコンリゾートを思わせる森の中へ。うーーん。恐るべし。予想通りの森の中の一軒家的家だった。彼はシカゴ出身。ちょうど、メジャーリーグホワイトソックスレッドソックスのディビジョンシリーズ第3戦をやっていた。ホワイトソックスが勝利して彼は上機嫌。井口も頑張ってる。そのあとはヤンキースとエンジェルスの試合。松井も頑張っている。はげみになるなあ。彼らはすごいなぁと改めて感じる。仕事から母ドロシアが帰ってくる。彼女はデイケアのようなお仕事をなさっているそうで、とても疲れたと。夕食は、ステーキ(たぶん冷凍)とベジタブルとポテトのチーズ和えみたいの。シンプル。まぁ、よい。おみやげを渡す。どれもよろこんでくれた。疲れていたドロシアも機嫌がよくなったのか、アイスクリームを食べに行こうということになり外出。ずいぶん寒くなっている。明日は、ゆっくりできるようなので、しっかりと眠ることにする。