みずたまり

走りながら睡れ

飽食

週末は蟹を食べたり猪を食べたりで満腹。みなさまのおかげである(なかでもとさきさま感謝!)。猪をいただいている山小屋のログハウスの前で別の団体が鶏(羽は茶色)を屠殺していた。はじめて見た。慣れた手つきの平気な顔で淡々とことを為す人々を見ながら、なんだか身につまされた。食べてばかりのぼくは結果的には同じことをやっているのだと。いや罪悪という感じではなく、見ていなかった気づいていなかったそこにリアルがなかったというぼく自身に気づかされた。