みずたまり

走りながら睡れ

『塔』6月号

 昨夜は塔への詠草を送りました。驚くなかれの全10首ホタル。午後10時過ぎくらいに郵便局で投函し、その帰りに一杯だけとビザールへ寄りました。やり遂げたあとの一杯はうまい!ってなぐあいで飲むと一杯はあっという間。ゆえにもう一杯だけとお願いしたら、刈穂のおいしいお酒をあつこさんがふるまってくださいました。うまいなぁなどと語りつつおりましたら、達さん!そしてTさま登場。故に、宴。モルツ→刈穂(日本酒)→ワインという流れでございます。またしても満喫。感謝。
 本日は、旧月歌会行きをあきらめ、鳥取で過ごす土曜日。とほほと、思いつつ昼前に郵便受けをのぞくとどーんとありました。『塔』6月号。分厚い!いつもいつも編集部のみなさんありがとうございます。ぼくは今月で若葉集を卒欄。ずいぶん濃い一年でした。