読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたまり

走りながら睡れ

ロンドン2日め②(バッキンガム宮殿、ロンドンパブ・シャーロックホームズ))

ロンドン
バッキンガム宮殿セント・ジェームズ・パークをあるいてあるいていると、バッキンガム宮殿が見えてきました。黄金のクイーンズ・ヴィクトリア・メモリアルと宮殿がどーんとあります。11時前だというのに人が集まりはじめていました。世界中からここへやってくるのでしょう。日本人らしきひとも(『地球の歩き方』や『るるぶ』をもっているのですぐわかります)結構おります。フェンスの前にも行ってみました。どんどん人が増えています。衛兵交代式がはじまるのが11時30分から。11時すぎくらいに馬に乗った衛兵?がやってきました。さて、それからやはりうごきがありません。この日、ぼくたちには明日がなかった、いや、時間がなかったのです。3時からチェルシーのホーム・スタンフォード・ブリッジボルトンとのゲームを見に行くのです。これこそがメイン。交代式そのものはあきらめて、歩いてハイドパーク・コーナー駅まで行きまして、ひと駅ぶんナイツブリッジ駅まで地下鉄に乗ります。それから、ハロッズへいきました。ぐるりんとハロッズのお土産のコーナーを見たりしまして(買いませんでした)、そこからちゃーリング・クロス駅へ行きます。

シャーロックホームズめざすはロンドン・パブ。パブはパブでも、シャーロック・ホームズにゆかりのある、その名も「シャーロック・ホームズ」というパブ。ここは1階がパブ、2階がレストランになっていて、その2階の一室にはシャーロックホームズの蝋人形やらもろもろゆかりの品々が展示してありました。1階のパブの壁にも写真など貼ってもあります。そこで、昼ご飯というか、Tくんとの再会に乾杯といきたいわけです。この店で扱っているタップは、グリーンキングのものばかりのようでした。Abbot aleやGreen king IPA、Old speckled Henなどエール系のようです。ぼくは正直に言って、アボット・エールは飲んだことがありましたが、他は飲んだ記憶がないものばかりです。店についたのが12時半を回って1時に近づいていたと思います。とにかく満席満員。でもとりあえずタップにその名を冠した「シャーロック・ホームズ・エール」を注文しまし、スタンディングのままかんぱーいとなりました。その後、席を確保して、定番のフィッシュ&チップス。ここのもなかなかの大きさ。ふたりともそれぞれに注文したのでガッツリ食べる感じです。2杯めは、オールド・スペックルド・ヘン。ここのエールはどちらもさっぱりとしていてがぶがぶ飲めそうです。昨夜のフラーズの店であったスワンにエール系がなくて、ちょっとものたりなかったこともあり、ここでのエールはほんとに満足でありました。さてさて。そろそろスタンフォード・ブリッジへ行かなければいけません。